全幕

パリ・オペラ座バレエ「椿姫」

パリ・オペラ座バレエ「椿姫」

ショパンの音楽とデュマ・フィスの小説とが、ノイマイヤーの手腕で見事にマッチングした物語バレエの傑作『椿姫』。19世紀パリの裏社交界で出会った高級娼婦マルグリットと青年アルマンの恋と焦燥、翳りと破局をルテステュとビュヨンが胸を締め付ける熱演で踊りきる。舞台全編にわたって流れるショパンの旋律。切ないピアノの音にのせて踊られる青・白・黒の3つのパ・ド・ドゥが、娼婦と若者の出会いの戸惑いと愛の喜び、狂おしいまでの情熱を心情豊かに表現している。

DVD 4,800円+税 カラー 本編131分+特典映像60分 2008年 日本語字幕
特典:椿姫の回想(ドキュメンタリー)/ストーリー紹介

高級娼婦マルグリットを踊るのは、気品と美貌と技術を兼ね備えたアニエス・ルテステュ。マルグリットへの情熱的な恋を語る若いアルマンには躍進著しいステファン・ビュヨン。父ムッシュ・デュヴァルには往年のスターダンサー、ミカエル・ドナール。そして友人ガストン子爵に昨年エトワールに昇進したカール・パケット、プリュダンスにはドロテ・ジルベールと人気・実力ともに兼ね備えたダンサーが顔をそろえる。
劇中劇「マノン」の主人公に、ムッサンとマルティネズという豪華キャストもオペラ座ならではといえよう

マルグリット(高級娼婦): アニエス・ルテステュ
アルマン(ブルジョワ青年): ステファン・ビュリョン
ムッシュ・デュヴァル(アルマンの父): ミカエル・ドナール
プリュダンス(マルグリットの友人): ドロテ・ジルベール
ガストン子爵: カール・パケット
公爵(マルグリットのパトロン): ローラン・ノヴィ
N伯爵(マルグリットの愛人志願): シモン・ヴァラストロ
オリンピア(マルグリットの商売敵): エヴ・グリンツテイン
マノン(劇中劇「マノン」の女主人公): デルフィーヌ・ムッサン
デ・グリュー(劇中劇「マノン」の男主人公): ジョゼ・マルティネズ
ナニーヌ(マルグリットの召使): ベアトリス・マルテル

振付: ジョン・ノイマイヤー
音楽: フレデリック・ショパン
演奏: ミヒャエル・シュミッツドルフ指揮 パリ・オペラ座管弦楽団
ピアノ: エマニュエル・ストロッセル、フレデリック・V・クニッテル
美術・衣裳: ユルゲン・ローゼ
照明: ロルフ・ワルター 

2008年7月2・5日 パリ・オペラ座 ガルニエ宮での収録

RECOMMEND

FAIRY
http://www.nbs.or.jp/
Pony Canyon
PageTop